異国で暮らすということ



 見知らぬ国を訪れる。美しい景色や街並み、あるいは行き交う人々の姿に心躍らせ、ここで暮らしたいと思ったことがある人は、決して少なくはないはずだ。

 しかしながら、そこにある「心地良さ」は 、「お客さん」という立場に付随しているものに他ならない。どんな共同体でも、お客に対して無碍な扱いをするところはない。人間が本来持っているホスピタリティの心と、あるいは「2,3日すれば帰国してしまう、通りすがりの縁の薄さ」に対する警戒心の低さもあるだろう。

 ともかく、そうやって味わった非日常を思い違いしたまま、いつかあの国で暮らす自分を妄想してしまう。経験値の低い若い世代ほどそうだ。

 ところが、実際に生活の場をそこへ移そうとすると、相手の態度や反応が急に変わったことに気づく。お客さんならすぐ消えていなくなる。しかし、働いて暮らす住民となれば話は別だ。仕事を奪い合い、自分たちの習慣や倫理を破壊しに来た「外敵」となる。
 ならば、彼らが持たぬものを持つ者であることを武器に戦うしかない。

 祖国以外の場所で働きながら暮らすというのはそういうことだ。