【雑感】本当の手助けとは黒子に徹することである

 当事者以外の人間が当事者よりも前にしゃしゃり出ると、問題はあらぬ方向へ拗れていく。

 得てして本人は「良いことをしている」つもりでいるから質が悪い。

 一方的な決め付けと断定によって代理者を気取った連中は、当事者たちも困惑するほどに問題をねじ曲げていることに気がついていない。

 身勝手な正義感は、悪よりも罪が重い。