テキスタイルショップ




 妻が仕立て用の布生地を買いに行くというのでスークまで出かけてきた。

 スーク・ワーギフ(Souq Waqif)のほぼ真ん中のエリアに20軒以上のテキスタイルショップが並んでいる。そこを端から1店ずつ見て回るのが彼女のやり方(笑

 数カ月おきに来るので、なんとなく流行が見えやすいのだが、今回気が付いたのは「アバヤ用の黒い生地を置いている店が殆どなくなった」ことと「以前来た時に溢れかえっていた、漫画チックなアラブ人女性の柄が入った生地が全く消えていた」こと。
 以前、妻が気に入って大人買いしたカシミール柄の布地も全く見かけなかった。

 全体としては、中国や韓国、インドネシア製が幅を利かせていて、また価格自体もかなり安めになっている。1店だけ見つけたアバヤ用生地(韓国製)も、以前ならQR45/mはしていたものが、言い値でQR35/m、交渉してQR25/mまで下がったのには内心驚いた。

 ラマダーン中とはいえ客の数はそこそこあったが、店内で買物をする人の姿はまばら。
 景気の良い話が聞こえてこないのは、ここスークも同じということだろうか。